Pops :


Puffy / Splurge

[ Pops ]

意外に侮れなかったりします。

SplurgeSplurge
Puffy AmiYumi


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : August 15, 2007 | コメント (1) | トラックバック (0) | ▲page top

安室奈美恵 / PLAY

[ Pops ]

意外に好きだったりします。

PLAY(DVD付)PLAY(DVD付)
安室奈美恵


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : August 12, 2007 | コメント (27) | トラックバック (16) | ▲page top

String Cheese Incident / One Step Closer

[ Pops / Rock ]

全然知らないバンドなんだけれども、“佐野元春推薦”コメントが帯に載っていたので借りてみた。

One Step CloserOne Step Closer
String Cheese Incident


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : July 28, 2007 | コメント (0) | トラックバック (32) | ▲page top

UA / Golden Green

ここ数年で見せた孤高の音楽性を経て、再びポップ・フィールドに帰還したUA。もうこれは自明な事なんだけれども、ポップな“うたをうたう”UAというものを待ち望んでいた人は多いはず。デビュー時から聴いていたファンにとって、近作での大きな音楽的変化にはついていけない部分もかなりあったと思う。

Golden greenGolden green
UA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かくいうわたしも、デビューアルバム『11』が本当に大好きで何度も聴いていたわけで。では『泥棒』以降の展開についていけなかったかというと、まあ僕も割と変態なので、“らしい”なあと肯定的な見方をしていたのですが。エレクトロニカやフリージャズへ接近していく中で、比類なき声はどんどん神がかっていき名実共に孤高のアーティストというに相応しい存在に。アーティスティックな感性に基づいた活動および作品は、素晴らしいものでした。と同時に、音楽のもうひとつの側面である大衆性が欠如していったのも事実。ジャズとUAの饗宴的ライブ盤『la』では圧倒的な存在感に失禁しそうになるほど素直にすごい!と思いましたが、何度も聴き込むかというとそうではないんですよね。それは例えば僕は岡本太郎の精神性が好きなのですが、太郎の絵を日常的に飾っておきたいかというとそれはまた別で。たまに美術館などで触れる事によって、感性を呼び覚ましてくれるものなんです。だからいいんですね。先述のライブ盤なんか特にそうで、その一瞬限りしかないという現場の空気を感じられる生のライブに勝るものはないわけですが、CDでも少しだけでもその空気を味わえる最初に聴いた時の感激が大事で、何回も繰り返し聴くようなものではないのだと思うのです。

で、本作の話に戻りますと、これは繰り返し聴ける作品になっている。ポップ・フィールドへの帰還とはつまりそういうことで。ただ帰還とは言っても、音楽的変遷を通過したあとのものであるから以前とは深みが違います。ポップ・フィールドの中だからこそ、その特異性がかえって際立っているわけです。そんな中でも両A面シングルとしてリリースされた2曲が特にいいと思います。ずいぶんと余裕が生まれたという感じで、リラックスして音楽をつくっているなあと。抑えた感じのトーンでうたうUAはほんとうにいいですね。

と、試聴での感想でした。実際には僕は購入はしていなくて、聴き込むには至らないだろうなと思ったからで、それは個人的な嗜好の変化なんですが、ビョークもそうなんですが“強いボーカル”を聴くだけの体力がなくなってしまったようで。トシですね。数年前だったら喜んで聴いていたと思うんですが。

ブログ内リンク:UA / Breathe
       UA / Nephews
       UA / la
       UA / AMETORA
       UA / 11

投稿者 山やま : July 27, 2007 | コメント (2) | トラックバック (0) | ▲page top

くるり / ワルツを踊れ

[ Pops ]

「ウィーン録音」というふれこみのせいなのか“今までとずいぶん変わった”との評判を耳にする、くるりの新作。くるりに対する僕の印象は、前作の「NIKKI」にしろ「アンテナ」にしろその前にしろ、別段変わったように思えなかったが、今回もそんなに変わったようには聴こえない。ああ、くるりじゃんこれ。
だから、すげーいい!という感じではなくて、まあ好きだな。といういつもの感じ。

ワルツを踊れ Tanz Walzerワルツを踊れ Tanz Walzer
くるり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

と、一回聴いただけの感想。
ブログ内リンク:くるり / NIKKI
       くるり/アンテナ
       SINGER SONGER / ばらいろポップ
       こっこちゃんとしげるくん / SING A SONG

投稿者 山やま : July 25, 2007 | コメント (2) | トラックバック (1) | ▲page top

Curly Giraffe / Ta-dah

[ Pops / Rock ]

夏のせいでしょうか。打込み系の音楽はなかなか聴く気になれず、爽やかなロックをからだが求めているようです。というわけで最近は生音ものばかり聴いています。ボンジョビの新譜も悪くなかったです、意外に。

で、そんな中でもいちおしなのがコレ。
カーリージラフなる、この聞き慣れないバンド。
まずは試聴してみてください。
やさしくも無骨な男のうた声に癒されるのは私だけではないはずです。

ぽっと出の新人とは思えないフトコロの深さ、実はコレ、Great3のベーシスト高桑圭によるソロ・ユニットだそうです。高桑さんと言えば、佐野元春の最新作でもベースで参加、うねるベースラインに虜になってしまうファンも多いとか(たぶん)。そんな高桑さんが昨年スタートしたこのカーリージラフ。その音楽性は意外にも爽やかなゆる系の西海岸系ロック。ジャック・ジョンソンやトミ−・ゲレロといったサーフ系(?)とも共振しそうな、穏やかにたゆたう気持ちの良いサウンドなのでした。

Ta-dahTa-dah
Curly Giraffe


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メロディがとってもきれいなんです。胸キュン。Great3で見せるオルタナな雰囲気とは異なり、けがれのない透き通るうたに胸キュンなんです。今年の夏はコレで決まりでしょ。
関連:試聴(myspace)

投稿者 山やま : July 10, 2007 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Benny Sings / at Home

[ Pops ]

へ〜、ソナコレってこんなのも出してたんだ。
ソナコレことソナー・コレクティブといえば、Jazzanova主宰の人気レーベルですが、このベニー・シングスというアーティストは、僕がソナコレに抱いていた印象を変えてくれました。まあそれほど詳しくはないので、クラブジャズ系の小洒落たレーベルといった程度の認識しかなかったわけですが。Ameのコンピ盤もソナコレだっけか。テクノも視野に入れつつ、基本的にはやっぱブロークンビーツというかジャザノヴァの印象が強いじゃないですか。ところが、このベニ−・シングスさんときたら、何ですか。どポップなうたものじゃないですか。キラキラじゃないですか。
これがソナコレから出てるって事実に嬉しくなりましたよわたしは。時代の流れなんでしょうか。ジャザノヴァもデビュー往時の先鋭性は鳴りを潜め、ブロークンビーツなんつってほとんどうたものソウルですもんね。わたしも代わり映えのしないクラブジャズには辟易しておりましたし、沖野さんあたりのスタイルが平淡にしか感じなくなってしまったものですから、こうやって「うた」を打ち出してくるあたりに嬉しくなっちゃいました。歳のせいなんでしょうか。

Benny at HomeBenny at Home
Benny Sings


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ソナコレ云々ということを抜きにしても、このちょいひねポップスは素晴らしいと思います。
関連:試聴(juno records)

投稿者 山やま : July 10, 2007 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

佐野元春 / COYOTE

音楽で胸がときめくこと。
音楽で胸がいっぱいになり、涙すること。
音楽で笑顔と共に希望を感じること。

この感動を忘れていた。


だいぶん更新の間隔が空いてしまいました。更新する暇が無かったということもありますが、それよりも“書けなかった”といったほうが正しいでしょう。音楽を聴いていなかったわけではありません。しかし何を聴いても、こう、しっくりとしない感じが続き、それは何故なのかはわからないのですが、自分でも何を聴きたいのかよくわからず、只なんとなく漫然と音が流れているだけの聴き方が続いておったのです。そんなんですから記事など書けるわけもなく、停滞していたわたしの音楽生活の殻をつき破り、それどころかここ何年か味わった事のない程の感動を与えてくれたのが、佐野元春のニューアルバム『COYOTE』だったのです。ロックンロールに胸を焦がすなんて、実に何年ぶりだろうか。ロックを聴かなくなってしまって久しいが、まさか同時代のロックを聴いてまたこんな体験が出来るとは思っていなかった。ロックンロールに夢中だった頃の、甘酸っぱい気持ちが甦る。

COYOTE(初回限定盤)(DVD付)COYOTE(初回限定盤)(DVD付)
佐野元春


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:試聴(公式サイト)
   アルバム”COYOTE”について / 佐野元春
   佐野元春インタビュー(musicshelf)
   R25インタビュー(R25.jp)
   賢者と少年-『Coyote』を巡って / 片寄明人

投稿者 山やま : June 25, 2007 | コメント (2) | トラックバック (410) | ▲page top

G.RINA / 漂流上手

[ Pops ]

オレンジ・ペコやエゴ・ラッピンあたりのファンの方も共振しそうな洒落たポップさ。あるいは、ファーストの頃の椎名林檎を彷彿とさせるオルタナティブな空気。そして、笹川美和のような地に足のついたどっしりとした存在感。
作詞・作曲・トラック制作をすべて自身で手掛けるマルチ・クリエイターで、もともとはDJから音楽を始めたとのこと。異国情緒を感じさせる雰囲気と、多様な音楽性にはなるほどDJ的センスというか引き出しの多さを感じさせるが、それでいて浮ついていない、一本道の通った正統派ポップ・ミュージックとしてまとまっている点に才能を感じる。本人は英国人と日本人のクオーター(東京生まれ)であるそうだが、こういう作品こそ“Jポップ”と言うに相応しいと僕は思う。

漂流上手漂流上手
G.RINA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:G.RINAのMySpace Music(プロフィール、試聴など)
   G.RINAインタビュー(bounce.com)

投稿者 山やま : April 27, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

CHARA / UNION

[ Pops ]

変わらないねえこのヒトは。
CHARAといえば多くの人は、キュートで不思議な存在感のあるキャラクターを思い浮かべるのでは。僕もそうなんだけど、デビュー以来、結婚してもそのイメージは変わらなかったし、出産を経て母親になっても変わらなかった。作品を包む空気感、すなわちCHARAという一人の女性が持つオーラは、常にポジティブ。

UNIONUNION
Chara


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出産後のアルバム『ジュニア・スウィート』あたりから優しさをぐっと増し、聴き手にまで幸福感を与えてくれる作品を届けてくれている。4年ぶりの新作となる本作もまた、僕らをやさしく幸せな気持ちにさせてくれるアルバムだ。大切な人と聴きたい。
関連:試聴(universal music)
   子どもたちに聴かせたい、伝えたい10曲(musicshelf)

投稿者 山やま : March 31, 2007 | コメント (81) | トラックバック (26) | ▲page top
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661