Hip Hop :


Visioneers / Dirty Old Hip Hop

いよいよ4 heroの6年ぶり新譜『Play With the Changes』が発売間近でワクワクしております。
さて今回紹介するのは、4 heroにおけるDegoの相棒、Marc MacによるユニットVisioneersのアルバム。06年にリリースされていた事を知りませんでした。
これが非常に心地の良い、ジャジー・ヒップホップ/ブレイクビーツで。やっぱりこれだけ活動歴の長い方になりますとサウンドにも貫禄といいますか余裕がありましていい具合です。

Dirty Old Hip HopDirty Old Hip Hop
Visioneers


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Nujabesあたりが好きな人はきっと気に入ると思います。
関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : January 08, 2007 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

D'Angelo / Voodoo

だってこのジャケですもの。
コワモテ系の、伏せ字を連呼するようなヒップホップなお方だとばかり思ってました。参加客演の方々がコモンの『Like Water For Chocolate』と同じメンツだなんて知らなかったし思いもしなかったです。

VoodooVoodoo
D'Angelo


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : November 12, 2006 | コメント (4) | トラックバック (3) | ▲page top

Common / Be

プロデューサーにカニエ・ウェスト、will.i.am(ブラック・アイド・ピーズ)を迎えて制作された、コモンのアルバム。2005年のベスト・アルバムに推す声も多かったようです。
やっぱり蟹江色出てますね良くも悪くも。いや悪くは無いんですが、顧問のアルバムとしてどうかと言ったらやはり『Like Water For Chocolate』の方に軍配を挙げたいです僕は。

BeBe
Common


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : November 11, 2006 | コメント (0) | トラックバック (33) | ▲page top

Common / Like Water For Chocolate

こんなヒップホップがあるとは知らなかった。

Like Water For ChocolateLike Water For Chocolate
Common


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : November 08, 2006 | コメント (0) | トラックバック (421) | ▲page top

Madlib / Shades of Blue

数々の変名を使い分け次々と作品をリリースするマッドリブ。いずれの名義においても“ジャジーなヒップホップ”という基本とモタモタした独特のドラミングは変わらないといっていいだろう。そんな彼の作品中でもジャジーな側面が現れた名盤と言えるのが03年リリースの本作。ジャズの名門ブルーノート・レーベルの音源を自由に使用していいよという許可のもと制作された1枚だ。

Shades of BlueShades of Blue
Madlib


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:試聴(CISCO RECORDS)
ブログ内リンク:Quasimoto / The Further Adventures of Lord Quas
        Sound Directions / Funky Side of Life
        DJ Rels / Theme for a Broken Soul
        Madlib / Beat Konducta Vol.1-2
        Yesterday's New Quintet / Stevie

投稿者 山やま : October 31, 2006 | コメント (329) | トラックバック (17) | ▲page top

Hyde Out Collection / First Collection

Nujabes主宰のレーベル、Hyde Out Collectionによるコンピレーション。このレーベルのカラーである、ジャジーでメロウなヒップホップで全編まとめられており、流れるような統一感。コンピ盤とは思えないほど。03年リリースの本作はNujabesにとって初のアルバムであり、日本のアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンを震撼させた1枚だそうです。

FIRST COLLECTION-HYDE OUT PRODUCTIONFIRST COLLECTION / HYDE OUT PRODUCTION
オムニバス (Nujabes,Funky DL,Shing02...)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

確かに日本のヒップホップ・シーンってだいぶ偏ってましたものね。海外にはUs3をはじめThe RootsGuru、最近ではMadlibなどジャジーなヒップホップの先人たちがおりますが、やっと日本でもこういう音を鳴らす人たちが出てきたか、と言うと偉そうですが。ただ彼らがいかにも日本人らしいなぁと思うのは、どの曲も非常にメロディアスであるところ。やっぱり綺麗なメロディには弱いですよあたしらは。
ブログ内リンク:NUJABES / Modal Soul

投稿者 山やま : October 07, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Arrested Development / SINCE THE LAST TIME

大地と太陽のヒップホップ。どっこいアレスは健在でした。

オリジナル・アルバムとしては通算5枚目ですか。正直いって、傑作だった1stと2nd以降の彼らはパっとしない印象でした。スピーチはソロに転向しバンドは解散、そして忘れた頃に再結成。しかし復活後のアルバムは単なる過去の焼き直しというか、ふわふわして方向性が見えなかった。92年のデビューでグラミー賞を受賞するなど一世を風靡した彼らも、時代の流れには付いていけなかったか…と諦めつつあったのですが、たまたま試聴した今作は耳を引くものがありました。

SINCE THE LAST TIMESINCE THE LAST TIME
アレステッド・ディヴェロップメント


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

05年の「Among the Trees」から1年半ぶりとなる新譜(日本先行発売)。
ジャクソン・シスターズの名曲「I Believe In Miracles」を大胆にサンプリングしたキラーチューンをはじめ、今までになくハジけた印象。ヒップホップに拘ることなく好きな音を詰め込みました的な、ふっ切れた感じが気持ちよいです。もちろん彼らいちばんの魅力であるオーガニックな薫りは健在。大地に足を着けた安定感が嬉しい限りです。
ジャケットもようやくマトモになって。この調子でしぶとく生き残って欲しいです。
関連:試聴(ポニーキャニオン)

投稿者 山やま : September 30, 2006 | コメント (2) | トラックバック (378) | ▲page top

Us3 / Broadway & 52nd

Us3といえば何と言っても「cantaloop」。その衝撃的なデビュー(93年)により、ジャズ×ヒップホップの新たな地平を切り開いた彼らは、サンプリングソースとして公式にブルーノートの音源を使用することを許されたグループであります。デビュー・アルバム「Hand on the Torch」は、サンプリングセンスが冴え渡る必殺の1枚でしたが、続く2ndである本作(97年)もジャズねた使いが小気味の良い1枚。印象が地味なのであまり話題にならなかったのかな?いい作品ですよ。

Broadway & 52ndBroadway & 52nd
Us3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ内リンク:Us3 / Hand on the Torch

投稿者 山やま : September 24, 2006 | コメント (2) | トラックバック (1) | ▲page top

Quasimoto / The Further Adventures of Lord Quas

Madlibが生み出した謎のキャラクター(?)、カジモトによるラップ・アルバム。そもそもMadlibはこのカジモト名義で00年に衝撃のデビューを果たしたそうです。その後、数え切れないほどの変名を使い分け数々の名作をドロップ。本作は、カジモト名義では5年ぶりとなる2ndアルバムです。
なんでも、自身のボーカルが気に入らなかったというMadlibがボーカルにエフェクトを施して誕生したのがカジモト君。ヘリウムガスで変声したような、おちゃめな声をしております。そんなカジモト君がマッドリブ直営のトラックの上で元気に走り廻ります。

The Further Adventures of Lord QuasThe Further Adventures of Lord Quas
Quasimoto


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラップ系の作品は苦手でして、今まで敬遠していたのですが、さすがMadlib。ジャジーな要素とちょこまかした遊び心で、これならわたしでも聴けます。ただいつも思うのですが、このテのアルバムはやたら曲数が多いのは何故なんでしょうか。もっとコンパクトにしてもらったほうが聴きやすいです。
関連:試聴(CISCO RECORDS)
ブログ内リンク:Sound Directions / Funky Side of Life
        DJ Rels / Theme for a Broken Soul
        Madlib / Beat Konducta Vol.1-2
        Yesterday's New Quintet / Stevie

投稿者 山やま : September 19, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Dudley Perkins / A Lil' Light

Madlibプロデュース

A Lil' LightA Lil' Light
Dudley Perkins


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連: 試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : September 03, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661