Experimental :


Susumu Yokota / LOVE or DIE

雑誌のインタビュー記事で、横田さんはこんな事を言っていた。
“このアルバムが出来た瞬間、もう音楽活動を止めてもいいと思った”

デビューから15年を迎え、オリジナル・アルバムとしては実に28枚目となる本作。万華鏡を覗かせてくれるかのように、リリースの度に作風を軽々と変えていく横田さんの作るアルバムは、どれもがアイデアとセンスに満ちていて、僕らを驚かせ楽しませてくれるものであったが、その作品群の中にあっても、本作は特別な一枚になるであろう。

Love or DieLove or Die
SUSUMU YOKOTA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年の『Wonder Woltz』から始まった“3拍子”の追求。続く『Triple Time Dance』ではリズムを徹底的に鍛え上げ、フロア向けのダンス・ミュージックとして昇華させた。今作も引き続き3拍子のメソッドにより制作されたものである。ただし、3拍子であることが大きなテーマとなっていた前2作とは意味合いが少し異なり、ここでの3拍子は、音像を形成するひとつの要素にすぎない。すなわち、テクノ、ハウス、ブレイクビーツ、ドラムンベース、アンビエント、エレクトロニカ、、、今まで横田さんが見せてくれた音の断片が、この作品には全て入っている。

全体を通してのアンビエントで壮厳な印象は、傑作『Symbol』を彷彿とさせる。そして『Sound of Sky』のようなエレガントなハウスのビート。あるいはブレイクビーツやドラムンベースの要素。ロスコとの競演盤で見せた、もの哀しく泣くようなギターを垣間見ることも出来る。...こう書くとずいぶん雑多な印象だと思われるかもしれないが、そこが横田さんのすごいところ。いかにも詰め込みました的な安っぽさを感じさせない。センスというか編集力というか。ごく自然に、そこに“在る”という感覚。

そう、まさにそれこそが。僕が、横田さんに心酔する理由はそこにあるのだと思う。どんなに作風が変わっても、頑張りすぎた感じがなく、変幻自在にサラリとやってのける。つまりスタイルが自分のものになっている。

その編集センスは“引きの美学”とでも言ったらいいだろうか。それは、ほとんどを自身で手がけているジャケットのデザインにも如実に表れている。オモテのアートワーク(ちなみに今回のアートワークは自身による1987年ー音楽デビュー以前の作品だ)、中面を開くと曲名と数行のクレジット。それ以外はなにも無し。裏面にいたっては真っ白である。これは、なかなか出来ない(手抜きだと思われるのがこわいからね)。

行間に込められた感情の機微を読みとったり、何も無い空間から風を感じたりするように、日本人はその繊細な感覚で[間]を大切にしてきた。この、[間]の美意識は、世界に誇れるものだと思う。横田さんの作品からは、そういった美意識(禅の世界観にも通じるかもしれない)が感じられるのだ。常に、ピンと糸が張った如く適度な緊張感があり、聴く側も意識が高揚し集中力が高まるのである。かように真の意味で国際的なクリエイターが、日本国内よりも海外での評価のほうが高いというのはちょっと悲しいが。

それからもうひとつ。本作を語る上で、これがもっとも特筆すべきことかもしれない。
それは、美しい旋律を奏でるメロディ。優雅で耽美、そして非常に叙情的。全曲インストであるが、かつてないほどに“うた”を感じさせるアルバムになっている。いつになく長く、寓話的な曲名と相まって、聴く者に物語性を感じさせる。(インタビューの中で、最近のお気に入りのひとつにシネマティック・オーケストラを挙げていた点も興味深い。彼らの新作もまた“うた”を感じ、物語性を感じさせるものであった。)

『Love or Die』。
“愛するか死ぬか”という意味深なタイトルは、「Recycle or Die(リサイクルするか死ぬか)」という言葉から来ているらしい。その意味するところは、この作品を聴いた各自の判断に委ねられるだろう。前述した“ジャケットの潔さ”が説得力を持つのは、何よりも音楽がすべてを物語っているから。余計な説明や装飾は必要がない。こんな長ったらしいレビューさえ必要ないかもしれない。横田さんからそっと差し伸べられたこの豊穣な音楽に触れ、各々が各々の物語を楽しめば良いのである。耳を傾ければ、きっとその世界を深く味わうことができるはずだから。

関連:試聴(CISCO RECORDS)
   ススムヨコタ公式サイト
ブログ内リンク:ススムヨコタ特集

>続きを読む

投稿者 山やま : August 09, 2007 | コメント (5) | トラックバック (9) | ▲page top

Susumu Yokota / Grinning Cat

ヨコタ流アンビエントの傑作であった『SAKURA』に引き続き、スキントーンからリリースされた01年のアルバム。『SAKURA』での静謐な空気を継承しつつ、現代音楽やアンビエント、ブレイクビーツなどが渾然一体となった、まぁいわゆる音響系。前半はアンビエントな感じで、後半はエキセントリックな展開を見せる。

Grinning CatGrinning Cat
Susumu Yokota


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヨコタの他の諸作に比べるとテーマが絞り切れていないのか、アルバムとしての統一感に欠け、つかみ所のない感じもするが、クオリティは申し分ない。その後の『Symbol』にも連なるクラシカルな要素も多分に含まれており、知的好奇心を刺激される音像である。そしてヨコタの作品にはいつだって上品さがある。
関連:susumu yokota official site


>続きを読む

投稿者 山やま : April 14, 2007 | コメント (5) | トラックバック (121) | ▲page top

KILLER BONG / MOSCOW DUB

マソ山さん主宰のecrn award 2006にて、めでたく総合1位を獲得した1枚。日本のアンダーグラウンド・シーンからこんなに刺激的な物が出ていたとは全く知りませんでした。ヒジョーに素晴らしいと思います。フガフガ。

ねっとりとしたダブのリズムに絡み付くフリージャズの狂騒。そのイカれた音は、ひとつのカタマリとなって脳天を直撃する。ドスが効いてるのよね。ドス、ドス、ってね。

MoscowDubMoscowDub
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

KILLER BONG(キラーボング)とはいったい何者なのか。K-BOMB、LORDPUFF、PLANTASIAなど数々の名義を持つらしいが、どれも全く知らん。さすがアンダーグラウンドである。しかしこのアルバムを聞く限り、ただ者ではなさそうだ。ちなみにアートワークも手がけるらしく、特設サイトにて閲覧出来る平面コラージュ作品は、ひと昔前にありがちであった作風ではあるけれども、やはり僕はこういうの好きだ。若さもあって、創作衝動に溢れてるよね。

そもそもダブってジャンル自体がそうなのかもしれないけれども、コラージュの感覚なのですね。で、このアルバムの気持ち良さっていうのは、コラージュの仕方に迷いが無いっていうね。ここを切り取って、ここに貼っつけて、って考える前に、感覚でやっちゃう。そういう思い切りの良さが出てると思う。コラージュ作品を見て、僕はそう思いました。

関連:試聴(CISCO RECORDS)試聴(DISC UNION)
   特設サイト(試聴・本の紹介も)

こちらがコラージュ本。インド滞在中に作ったものだとか。
BLACK BOOKBLACK BOOK
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : February 01, 2007 | コメント (5) | トラックバック (4) | ▲page top

半野喜弘 / Lido

LidoLido
半野喜弘


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
投稿者 山やま : January 16, 2007 | コメント (0) | トラックバック (34) | ▲page top

Tokyo No.1 Soul Set / Jr.

この頃のソウルセットがいちばんトンでた気がする。
ハジけ具合や楽しさはサンプリングセンスの冴えるファースト『TRIPLE BARREL 』が圧倒的だし、完成度はこの後の作品群に譲るとして、しかし本作『Jr.』からは他のどのアルバムにも無いオンリーワンな空気を感じる事が出来る。96年のリリース当時はもちろん10年を経た今でも、これは何と形容したらいいのかよくわからない音楽だ。

Jr.Jr.
Tokyo No.1 Soul Set


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ内リンク: TOKYO NO.1 SOULSET / OUTSET

投稿者 山やま : November 11, 2006 | コメント (4) | トラックバック (0) | ▲page top

susumu yokota / Triple Time Dance

我らがヨコタ大先生、久々のダンス・アルバム。炸裂してます。

前作からわずか半年のインターバルでリリースされたススムヨコタの新譜は、石野卓球が主宰する「Platik」から派生したレーベル「Koplatiko」の第一弾作品としてリリース。世界初の全編3拍子によるダンス・アルバム。3拍子って言われてもよくわからんが、誰もが音楽の時間に指揮棒でリズムを刻んだであろう、ずんちゃっちゃー、ずんちゃっちゃーていうアレだ。前作『Wonder Waltz』も3拍子をテーマにした作品だったが、あくまでリスニング向けであり、ゲストボーカルを招くなどメロディが主体でもあった。同じく3拍子をテーマとしなからも今作は、ヨコタとしては久しぶりにフロア向けの作品となった。本当に久しぶりに完全フロア仕様。ウワものを出来るだけ排し、リズムが持つグルーヴを重視した、とヨコタ氏。その言葉通り、ミニマルなビートが炸裂する野心作だ。

Triple Time DanceTriple Time Dance
SUSUMU YOKOTA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

卓球のレーベルから出たんだよと妻に教えたら妙に納得していた。つまりそれくらいテクノなサウンドになっているわけで、贅肉をそぎ落としリズムのみに主眼を置いたミニマルなサウンドは、ここ数年のエレガントでアンビエントなヨコタさんをイメージしている人はちょっと面食らうかもしれない。ここまでエッジの効いたテクノ・アルバムになるとは思っていなかったが、それは嬉しい誤算。だってヨコタの曲でダンスできるんだもの。確かにここ数作で見せてくれたエレガンスは影を潜めたかもしれない。だがそこはヨコタ氏、あるいは3拍子というリズムが持つマジックであろうか、どことなく上品な香りも漂うのはこの人ならでは。
毎度毎度書いてるが、本当に毎度書いてるが、まったく底知れぬクリエイティビティである。ちなみにジャケットの写真とアート・ディレクションも自身の手によるもの。改造したビッグ・スクーターがバイク雑誌に掲載されるなど音楽以外でも感性を発揮。その才人ぶりにはまったくもって恐れ入る。
ところで幾多の音楽性の変遷を繰り返してきた氏であるが、3拍子での音楽制作にハマったらしく、今後もこの流れでいくらしい。どこまでもついていきます。
関連:試聴(CISCO RECORDS)
   インタビュー(CISCO RECORDS)
ブログ内リンク:Susumu Yokota / Wonder Waltz
        Susumu Yokota & Rothko / Distant Sounds of Summer
        SUSUMU YOKOTA / SYMBOL
        SUSUMU YOKOTA / Sound of Sky
        Susumu Yokota / Sakura
        SUSUMU YOKOTA / zero
        SUSUMU YOKOTA / 1999
        SUSUMU YOKOTA / 1998
        Prism / Metronome Melody
        Ringo / Plantation

余談。三位一体、三種の神器、三角形、食事(朝昼夕)、金銀銅(3位入賞)、ベスト3、ホップステップジャンプ、三国志、三銃士、三度目の正直、三つ子の魂百まで、仏の顔も三度まで、などなど、3という数字は何かにつけよく出てきますが、この宇宙をかたち創る秩序の中で基本となる数字なのかもしれないですね。だから我々は無意識のうちに3という数字に反応してしまうのかも。

投稿者 山やま : September 29, 2006 | コメント (2) | トラックバック (3) | ▲page top

坂本龍一 / AUDIO LIFE

99年に行なわれたオペラ『LIFE』の大阪城ホール及び武道館ライヴから、教授自身で音楽部分を抽出した2枚組。

見たかったなぁこれ。DVDでもいいから映像で見たいんだけど見当たらない。
坂本流「オペラ」というネーミングだけれども、実際の舞台はジャンルを超えたアーティストたちが集まった総合芸術舞台みたいな感じだったらしい。
CDだけでもその片鱗は伝わってきますけどね。

AUDIO LIFEAUDIO LIFE
坂本龍一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:オペラの再生ー坂本龍一の『LIFE』(浅田彰『VOICE』)
   坂本龍一オペラ1999 - LIFE (TZK)

投稿者 山やま : September 28, 2006 | コメント (0) | トラックバック (3) | ▲page top

RASA / The Unkinighted Nations

変名の多い人たちである。
bayakaによる別名義「RASA」のデビュー・アルバム(03年)。わざわざ名義を変えただけあって、bayakaの作品とはだいぶ作風が異なりますなぁ。知らずに聴かされたらbayakaだとは分からぬよ。
ジャズの即興性をベースに、シンプルでストイック、男前な音楽。ワビサビの世界。オモテに出る音数は少ないが、その背後にbayakaで培った豊かな音楽性が見え隠れする。出来る男たちは主張しすぎないのである。そんな男前によるワビサビの音楽。
Tsuki no waのFUMINOSUKE、東京ザヴィヌルバッハの坪口昌恭らがゲスト参加。

rasa.jpg
The Unkinighted Nations
RASA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジャケが僕好み。額に入れて飾ろう。
関連:RASAインタビュー(bounce.com)
ブログ内リンク:bayaka / Irradiation
        Picassoman a.k.a bayaka / Overthrow Stereotype

投稿者 山やま : July 21, 2006 | コメント (0) | トラックバック (2) | ▲page top

Detroit Experiment

カール・クレイグ監修。
デトロイトに所縁のあるアーティスト総勢24名が世代を超えて集結。スタジオにて1発録りされた音源を、ジャズドラマーのKARRIEM RIGGINS とカール・クレイグが編集。という何とも贅沢な企画盤ですよ。これがまた素晴らしい出来で。いつになく↑のジャンル表示が大盛りですが、ホントに全部表示したいくらいの充実度なんだもの。めためた力強い。

Detroit ExperimentDetroit Experiment
Carl Craig


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あえて言うならジャズがキーワードになるんだろうけど。なによりソウルフル。最先端でエクスペリメンタルでありながら、自身の土地の音楽への愛情がありありと。テクノでもあり。なによりソウルフル。ヒプホプもあり。スティービー・ワンダーのカバーもあり。なにもあり。かにもあり。その、どれもが、力強い。単に音圧が強いだけではなく、確信に満ちた強さなんですな。デトロイトという街の底知れぬ音楽的土壌を知らしめるに充分な、意志の強さが音に表れている。2003年版エレクトリック・ソウルの決定的傑作に認定です。
てことで。聴く時は音量は大きめでね。
関連:試聴(recommendDJ.com)
   CARL CRAIG?アヴァンギャルドな開拓者(bounce.com)

投稿者 山やま : February 19, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Steve Reid Ensemble / SPIRIT WALK

Spirit Walk
Steve Reid Ensemble


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(CISCO RECORDS)
投稿者 山やま : February 08, 2006 | コメント (0) | トラックバック (396) | ▲page top
 1 |  2 |  3 | All pages
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661