Ambient :


Susumu Yokota / LOVE or DIE

雑誌のインタビュー記事で、横田さんはこんな事を言っていた。
“このアルバムが出来た瞬間、もう音楽活動を止めてもいいと思った”

デビューから15年を迎え、オリジナル・アルバムとしては実に28枚目となる本作。万華鏡を覗かせてくれるかのように、リリースの度に作風を軽々と変えていく横田さんの作るアルバムは、どれもがアイデアとセンスに満ちていて、僕らを驚かせ楽しませてくれるものであったが、その作品群の中にあっても、本作は特別な一枚になるであろう。

Love or DieLove or Die
SUSUMU YOKOTA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年の『Wonder Woltz』から始まった“3拍子”の追求。続く『Triple Time Dance』ではリズムを徹底的に鍛え上げ、フロア向けのダンス・ミュージックとして昇華させた。今作も引き続き3拍子のメソッドにより制作されたものである。ただし、3拍子であることが大きなテーマとなっていた前2作とは意味合いが少し異なり、ここでの3拍子は、音像を形成するひとつの要素にすぎない。すなわち、テクノ、ハウス、ブレイクビーツ、ドラムンベース、アンビエント、エレクトロニカ、、、今まで横田さんが見せてくれた音の断片が、この作品には全て入っている。

全体を通してのアンビエントで壮厳な印象は、傑作『Symbol』を彷彿とさせる。そして『Sound of Sky』のようなエレガントなハウスのビート。あるいはブレイクビーツやドラムンベースの要素。ロスコとの競演盤で見せた、もの哀しく泣くようなギターを垣間見ることも出来る。...こう書くとずいぶん雑多な印象だと思われるかもしれないが、そこが横田さんのすごいところ。いかにも詰め込みました的な安っぽさを感じさせない。センスというか編集力というか。ごく自然に、そこに“在る”という感覚。

そう、まさにそれこそが。僕が、横田さんに心酔する理由はそこにあるのだと思う。どんなに作風が変わっても、頑張りすぎた感じがなく、変幻自在にサラリとやってのける。つまりスタイルが自分のものになっている。

その編集センスは“引きの美学”とでも言ったらいいだろうか。それは、ほとんどを自身で手がけているジャケットのデザインにも如実に表れている。オモテのアートワーク(ちなみに今回のアートワークは自身による1987年ー音楽デビュー以前の作品だ)、中面を開くと曲名と数行のクレジット。それ以外はなにも無し。裏面にいたっては真っ白である。これは、なかなか出来ない(手抜きだと思われるのがこわいからね)。

行間に込められた感情の機微を読みとったり、何も無い空間から風を感じたりするように、日本人はその繊細な感覚で[間]を大切にしてきた。この、[間]の美意識は、世界に誇れるものだと思う。横田さんの作品からは、そういった美意識(禅の世界観にも通じるかもしれない)が感じられるのだ。常に、ピンと糸が張った如く適度な緊張感があり、聴く側も意識が高揚し集中力が高まるのである。かように真の意味で国際的なクリエイターが、日本国内よりも海外での評価のほうが高いというのはちょっと悲しいが。

それからもうひとつ。本作を語る上で、これがもっとも特筆すべきことかもしれない。
それは、美しい旋律を奏でるメロディ。優雅で耽美、そして非常に叙情的。全曲インストであるが、かつてないほどに“うた”を感じさせるアルバムになっている。いつになく長く、寓話的な曲名と相まって、聴く者に物語性を感じさせる。(インタビューの中で、最近のお気に入りのひとつにシネマティック・オーケストラを挙げていた点も興味深い。彼らの新作もまた“うた”を感じ、物語性を感じさせるものであった。)

『Love or Die』。
“愛するか死ぬか”という意味深なタイトルは、「Recycle or Die(リサイクルするか死ぬか)」という言葉から来ているらしい。その意味するところは、この作品を聴いた各自の判断に委ねられるだろう。前述した“ジャケットの潔さ”が説得力を持つのは、何よりも音楽がすべてを物語っているから。余計な説明や装飾は必要がない。こんな長ったらしいレビューさえ必要ないかもしれない。横田さんからそっと差し伸べられたこの豊穣な音楽に触れ、各々が各々の物語を楽しめば良いのである。耳を傾ければ、きっとその世界を深く味わうことができるはずだから。

関連:試聴(CISCO RECORDS)
   ススムヨコタ公式サイト
ブログ内リンク:ススムヨコタ特集

>続きを読む

投稿者 山やま : August 09, 2007 | コメント (5) | トラックバック (9) | ▲page top

CINEMATIC TRAVELS / Ancient Future

Ancient FutureAncient Future
RON TRENT Presents CINEMATIC TRAVELS


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(CISCO RECORDS)
投稿者 山やま : July 15, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Cinematic Orchestra / Ma Fleur

数年前に一大ブームを巻き起こした北欧のフューチャージャズ・シーンの中でも、ひときわ存在感を放っていたシネマティック・オーケストラ。
実に5年ぶりとなるオリジナルアルバムが届きました。

Ma FleurMa Fleur
The Cinematic Orchestra


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:試聴(juno records)
ブログ内リンク:Cinematic Orchestra / Everyday

投稿者 山やま : July 12, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Leaf Compilation MIX BY SUSUMU YOKOTA

ヨコタのプライベート・レーベルである「skintone」からリリースされた「Sakura」「Grinning Cat」「Boy and Tree」といったアルバムは、海外ではUKの「LEAF」というレーベルからランセンス・リリースされ話題を呼んだ。
今作は、そのLEAFの音源の中からヨコタがセレクトしたコンピ盤。収録曲数は25曲、1曲あたりのタイムも短めで、レーベル・サンプラー的な色合いが強い。

leafcompi.jpgLeaf Compilation
Susumu Yokota


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:susumu yokota official site


>続きを読む

投稿者 山やま : April 18, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Susumu Yokota / Grinning Cat

ヨコタ流アンビエントの傑作であった『SAKURA』に引き続き、スキントーンからリリースされた01年のアルバム。『SAKURA』での静謐な空気を継承しつつ、現代音楽やアンビエント、ブレイクビーツなどが渾然一体となった、まぁいわゆる音響系。前半はアンビエントな感じで、後半はエキセントリックな展開を見せる。

Grinning CatGrinning Cat
Susumu Yokota


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヨコタの他の諸作に比べるとテーマが絞り切れていないのか、アルバムとしての統一感に欠け、つかみ所のない感じもするが、クオリティは申し分ない。その後の『Symbol』にも連なるクラシカルな要素も多分に含まれており、知的好奇心を刺激される音像である。そしてヨコタの作品にはいつだって上品さがある。
関連:susumu yokota official site


>続きを読む

投稿者 山やま : April 14, 2007 | コメント (5) | トラックバック (121) | ▲page top

Larry Heard / Sceneries Not Songs, volume one

シーナリーズ・ノット・ソングス,Vol.1(紙ジャケット仕様)シーナリーズ・ノット・ソングス,Vol.1(紙ジャケット仕様)
ラリー・ハード


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(CISCO RECORDS)
ブログ内リンク:Larry Heard / Can You Feel It
投稿者 山やま : February 01, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Underworld and Gabriel Yared / BREAKING and ENTERING

アンソニー・ミンゲラ監督の最新作映画のオリジナル・サントラ・アルバム。音楽を手がけるのはアンダーワールドと、サウンドトラック界の重鎮ガブリエル・ヤレド。出演はジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ等で日本公開は2007年予定だそうです。
ガブリエル・ヤレド氏については何の知識もありませんが、アンダーワールドと聞いて黙っているわけにはいかないでしょう。iTMSで試聴してみました。

オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」
アンダーワールド&ガブリエル・ヤレド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うーーん…いかにもサントラといった感じのアンビエント作品。企画モノだってことはわかるんですが、それにしてもこれ、アンダーワールドがやる必要あるのか?と言いたくなるようなサウンドで、アンビエントとしても凡庸。今後がますます不安になりました。
関連:カール・ハイドインタビュー/試聴(BARKS)
ブログ内リンク:Underworld / JAL to Tokyo
        Underworld / A Hundred Days Off
        underworld / Everything,Everything

投稿者 山やま : October 19, 2006 | コメント (2) | トラックバック (1) | ▲page top

William Orbit / Pieces in a Modern Style

マドンナやブラーのプロデューサーとして名を知られるウィリアム・オービット。中でも全面プロデュースを手がけたマドンナ『レイ・オブ・ライト』はアンビエント・テクノ風な音色とマドンナのポップ性が融合した名盤だと思う。
自身のソロ作としてはアンビエント系の『ストレンジ・カーゴ』シリーズが著名だが、00年のUKチャートで2位を記録したという本作はクラシックの名曲をアンビエント風にアレンジしたもの。というと藤原ヒロシを思い浮かべますが、はっきり言ってまぁ似たような感じです。全編ノンビートで、いわゆる癒し系と言ってもいいかも。

Pieces in a Modern Style (Includes Bonus CD)Pieces in a Modern Style (Includes Bonus CD)
William Orbit


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連:william orbitオフィシャルサイト

投稿者 山やま : October 07, 2006 | コメント (1) | トラックバック (36) | ▲page top

坂本龍一 / AUDIO LIFE

99年に行なわれたオペラ『LIFE』の大阪城ホール及び武道館ライヴから、教授自身で音楽部分を抽出した2枚組。

見たかったなぁこれ。DVDでもいいから映像で見たいんだけど見当たらない。
坂本流「オペラ」というネーミングだけれども、実際の舞台はジャンルを超えたアーティストたちが集まった総合芸術舞台みたいな感じだったらしい。
CDだけでもその片鱗は伝わってきますけどね。

AUDIO LIFEAUDIO LIFE
坂本龍一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:オペラの再生ー坂本龍一の『LIFE』(浅田彰『VOICE』)
   坂本龍一オペラ1999 - LIFE (TZK)

投稿者 山やま : September 28, 2006 | コメント (0) | トラックバック (3) | ▲page top

坂本龍一 / Alexei and the Spring

02年公開のドキュメンタリー映画『アレクセイと泉』。音楽を手がけたのは世界の教授、坂本龍一。いかにも教授といった趣の、壮厳な現代音楽・映画音楽。それは幻想的に神秘的に。そして寒波が訪れる。冷たい空気の粒は澄んでいる。
映画を観ればなおイマジネーションが湧くでしょう。

Alexei and the SpringAlexei and the Spring
Ryuichi Sakamoto


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちら『アレクセイと泉』DVD。
チェルノブイリ原発事故放射能汚染の影響で強制移住地域に指定された村・ブジシチェに住み続ける人々を綴ったドキュメンタリー。村の中心に涌く泉からだけは放射能が検出されなかった…。

アレクセイと泉アレクセイと泉
監督/本橋成一
音楽/坂本龍一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映像は、ブジシチェでの村人の生活を追ったもの。いわゆる自給自足の生活であり、今で言えばスローライフということになるのだろうか。憧れとしての道楽でのスローやらロハスとは違い、自然は厳しさを見せる事もある。自給自足なんてそうそう出来るもんじゃない。それでも村人たちの暮らしからは我々には無い何かを感じる。決定的に異なるのは、ひとつひとつのモノや出来事を大切にし、生を慈しむという気持ちだろう。
関連:アレクセイと泉オフィシャルサイト

投稿者 山やま : September 28, 2006 | コメント (2) | トラックバック (5) | ▲page top
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661