2004BEST :
 1 |  2 | All pages


Joris Voorn / Future History

「テクノ」という括りは実はよくわからない。「テクノ」と聞いてどんな音を思い浮かべるだろうか。機械で作った音楽?じゃぁエレクトロニカは?キックの効いた打込み?ハウスとどこが違うの?ピコピコ?YMO?それはテクノポップじゃない?電気グルーヴ?うん。電気グルーヴだね。 とまぁ、おそらく人によってイメージする音が異なるであろう、曖昧なジャンルであるよなと僕は思う。

専門家(野田努)の著書によれば、ドイツのクラフトワーク等エレクトリック・ミュージックの先駆者はあったにせよ、80年代にケヴィン・サンダーソンがデトロイトで鳴らした音がテクノの始まりであるというのがひとつの定説である。テクノが生まれた現場というものを想像するだけで僕たち男のコの鼓動は熱くなる。そこから流れてきた音はきっと誰も聴いた事が無くて、アグレッシブで、エキサイティングで、僕たちを未知なる宇宙へと誘うものであったに違いない。今となっては“機械を使った”という形式だけの疑似テクノが(トランスやらジャングルやら何やらと様々に名称を変えながら)山のように存在するわけだけれども、そもそもテクノはその発祥においては、非常にエモーショナルで肉感的なものであったのだ。

オランダ・ロッテルダムの若き新星、ヨリス・ヴォーンによるデビュー作「Future History」(04年)には“テクノが本来持つ魅力”が見事に凝縮されている。こんなサイコーなテクノ・アルバムには滅多にお目にかかれない。

フューチャー・ヒストリーフューチャー・ヒストリー
ヨリス・ボーン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
デトロイト・テクノへのオマージュであるかのような美しい旋律、イントロからのじらし、そこからキックの入る瞬間の恍惚感、力強いベースライン。どこを切っても文句のつけようがない。何よりも本作が素晴らしいのは、これがドキドキする音楽だということ。それを支えるのはテクノへの熱き鼓動。

このアルバムを聴くとわかる。なぜテクノがジャンルとして曖昧なイメージになってしまうのか。それは、テクノが音楽的には勿論それ以外にも多様な要素を内包しているからなんです。きっと。少なくとも僕が心動かされるテクノ・ミュージシャンはそういう幅広い資質を持っていると思う。たとえそれが一作品の表面上には出ないとしても、その資質は余裕を生み、クオリティを生む。

関連:試聴(disk union)試聴(CISCO RECORDS)
ブログ内リンク:ブラック・マシン・ミュージック / 野田努
投稿者 山やま : March 25, 2007 | コメント (0) | トラックバック (2) | ▲page top

Moodymann / BLACK MAHOGANI

ふんとにこの人はタダモノではない。“不機嫌な男”(ムーディーマン)ことケニー・ディクソンJr。セオ・パリッシュと並び、デトロイトのハウスシーンにおけるカリスマ的存在である。そのサウンドから発せられる「黒い」オーラは群を抜いている。打ち込みによるハウスミュージックの奥底にあるルーツ、すなわちソウルであるとかジャズであるとかゴスペルであるといった魂の息づかいが聴こえてくる音楽、これはデトロイトという街が持つ素養なのであろう。完全に彼の血肉の一部になっておる。日本人にはどう頑張っても出せぬ(だから悪いという意味では無いよ)。次元が違うのである。
彼の音楽はよく“漆黒”と表現されるが、これは実に的を得た言葉だと思う。いわゆる黒い音楽である事は言わずもがな、それはカラリと晴れた陽気な黒さとはちょっと違う。濡れているんである。艶のある黒光りである。がるがる。そのセクシィな世界にいちどハマった者は後戻りできぬ。打ち込みによるソウルミュージックの最高峰がるがる。

Black Mahogani
Moodymann


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

04年リリースの本作はジャズの要素を強く感じさせる、生っぽい手触りの作風。今までの作品よりもずっと聴きやすくリラックスした空気で、はじめてムーディーマンを聴く人にもおすすめ。職人的気質な四つ打ちにムーディーなスピリチュアルジャズの音色がねちねちと絡まり、その濃密な密度と隙間には抜群のセンスと色気と変態的要素を感じる。そしてそれらの全てを飲み込んで余りある、ある種の余裕すら感じられるその源は、おそらく彼の血肉にある漆黒に輝くソウル。やはりセクしぃなのである。
関連:試聴(CISCO RECORDS)
   デトロイト、街とその音楽(bounce.com)
ブログ内リンク:Moodymann / Black Mahogani II

投稿者 山やま : July 30, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

SUSUMU YOKOTA / SYMBOL

ヨコタススム。横田進。
音楽を設計する天才的なセンスという点では、ハーバート氏にも全く引けをとらない。年に1枚以上リリースされる新作は常に斬新であり高いクオリティを誇る。日本において最高峰のテクノ・エレクトロ・アーティストと言っていいであろう。今年は“ヨコタ流ワルツ”というべき3拍子の作品「Wonder Waltz」で、その才能を如何なく魅せてくれた。

さて本作は04年に自身のレーベルSKINTONEからリリースされたもの。先日『ダ・ヴィンチ・コード』読書時のBGMとして聴いてみたら、まさに適役。この上なくストーリーを盛り上げてくれて、至福の読書タイムとなった。ヨコタの作品は、何年経っても風化しない。むしろ聴く度に新鮮な印象を与えてくれる。この作品も当ブログにて紹介済みであるが、以前書いた稚拙なレビューではこの盤の魅力を伝えるに足りないと、再度筆を取った次第である。

SYMBOL


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケットから連想できるように、今作はクラシックの要素がメイン。中世ヨーロッパを彷佛とさせる厳かな響きは、今までにない雰囲気だ。この圧倒的な迫力は、打ち込み音楽にクラシック的な要素を加えました、という凡庸なものとは根本的に異なる。ヨコタの中では、クラシックも現代音楽もエレクトロニクスもすべて同列上にあるようだ。それら異なる要素は、彼の中で完全に咀嚼された上で、ひとつのものとして吐き出される。すなわち小手先だけの“融合”ではないのだ。もはや融合という言葉さえ意味を為さないかもしれない。はじめからひとつになっているのだから。おそるべし横田進。最後に、肝心な事を書き忘れたので締めとして書いておく。

これは、とても美しい音楽だ。


----------------
(以下は、発売直後のレビュー)
ススムヨコタの新譜。
クラシックと現代音楽と電子音がヨコタの感性でなんたらかんたら、と帯に書いてあった。いや〜んコレ意外に良かった。ありがちな、クラシックとテクノを融合させてみました的な安っぽさがない。もっと深いところで出る音。

関連:試聴(juno records)
   ネタ元クラシック曲メモ(No Need To Argue)
ブログ内リンク:Susumu Yokota / Wonder Waltz
        Susumu Yokota & Rothko / Distant Sounds of Summer
        SUSUMU YOKOTA / Sound of Sky
        Susumu Yokota / Sakura
        SUSUMU YOKOTA / zero
        SUSUMU YOKOTA / 1999
        SUSUMU YOKOTA / 1998
        Prism / Metronome Melody
        Ringo / Plantation

投稿者 山やま : May 31, 2006 | コメント (4) | トラックバック (5) | ▲page top

Moodymann / Black Mahogani II

最ッ高である。
2005年を締めるに相応しい(04年発売だけど)作品だ。“ムーディーマンが奏でる生ジャズ”。あ、ヨダレ出そうになったでしょ。これだけでヨダレ出ちゃったド変態の方はまず間違いないので説明不要で聴いてください。変態でないアナタにはこれから説明申し上げますのでしばしのおつきあいを。

Black Mahogani 2Black Mahogani 2
Moodymann


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自らを“不機嫌な男(ムーディーマン)”と名乗る彼は、ケニー・ディクソン・ジュニア。セオ・パリッシュと並び、現在のデトロイト・シーンにおいて人気・実力ともにトップクラスに君臨するDJ/アーティストである。彼が作り出すサウンドの特徴、それは地の底から響いてくるような圧倒的な黒さ。それは我々がどんなに頑張っても決して真似る事の出来ない、本場だけが持つブラックネス。しかしこの男の凄さはそれだけではない。黒さに任せてドガンドガンと攻める訳ではないのだ。絶妙なセンスで構築されるサウンドプロダクションは理知的で官能的。甘美ですらある。ここに我々との決定的相違がある。つまり我々は本場ものに近づこうと一生懸命に黒くなろうとする。しかし本当の本場に生まれ育った者は“黒くなる”必要がないのである。元から黒いのである。だから、黒くしてやろうという気負いがない。むしろジャズのように抜けの良い構築美に比重を置いている。だが、だがである。体に染み付いた黒さはどうしようもなく溢れてしまうのだ。僕がこの男に惹かれる理由はこのバランス感覚にこそある。

そんなムーディマンが、前作「Black Mahogani」で見せたジャズへの接近を更に押し進め、生音によるジャズという形を採ったのが本作。黒さは控えめで意外なほど静謐。この抑えた感じがまたいいのである。その奥に見え隠れするブラックネスが緊張感をもたらす。全4曲と曲数はちょっと物足りない気もするが、何と言っても18分に及ぶ「When She Follows」が素晴らしい。前述した、彼のバランス感覚・構築美をたっぷり堪能できる至高の18分だ。

関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : December 29, 2005 | コメント (1) | トラックバック (0) | ▲page top

DJ Rels / Theme for a Broken Soul

いったい幾つの名義を持ってるんだこの人は、って感じですが、またやってくれました。多作で天才、大人気のMadlibによるブロークンビーツ・プロジェクト(04年作)。これはヒプホプ側だけでなく、クラブ側からもMadlibにアプローチできる格好の一枚です。いやぁマドリブさん今回は気合い入ってます。
西ロンドンのブロークンビーツやデトロイトのねっとりテクノともタメを貼る濃度のエレクトリック・ソウル。しかしもちろん、モタモタのドラムにヨレヨレのローズ、といったお得意のマドリブ節は相変わらず。たまりません。傑作。


Theme for a Broken Soul
DJ Rels


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケもいいよね。ヒプホプぽくなくて。
関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : September 27, 2005 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Ammoncontact / One in an Infinity of Ways

ファーストアルバムが各方面から絶賛されたBuild An Arkのリーダー、カルロス・ニーニョによるインスト・ヒップホップユニット。

B00049QOUMOne in an Infinity of Ways
Ammoncontact


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : September 24, 2005 | コメント (106) | トラックバック (0) | ▲page top

Build an Ark / Peace With Every Step

試聴(CISCO RECORDS) 試聴

buildanark.jpgPeace With Every Step
Build an Ark


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

現代版スピリチュアル・ジャズの傑作中の傑作。

僕はつい最近この「スピリチュアル・ジャズ」なる言葉を知りました。ここのところ、このキーワードに出会う事が多いのです。よくわからないので調べてみました。

60年代後半、公民権運動の盛り上がりはさまざまな文化に対して強烈なインパクトを与え、アフリカン・アメリカンのなかに共通意識を生みだします。それは〈ブラック・パワー〉と呼ばれ、黒人文化がもっとも先鋭化した時代を作り出していくことになるわけですが、ジャズの世界でもそんな時代の匂いを敏感に感じ、自身の音楽へと反映させていったミュージシャンたちが数多いました。そんな時代背景をバックに、深い精神性とそれに伴うスケールの大きな音楽性を創造していたものが今日〈スピリチュアル・ジャズ〉と呼ばれているもので、それはまた今日クラブ・サイドからの再評価の対象にもなっています。より自由に、より遠くまで……そんなジャズメンたちの欲求が形になったスピリチュアル・ジャズ。それは音楽の一形態のことを指すもののみならず、黒人文化が新たなるヴィジョンを獲得した瞬間でもありました。 - bounce.com特集より

なるほど、たしかにジャズというよりはソウル、レアグルーヴの感触に近いです。だから、ジャズこ難しくなくてとても聴きやすいです。

カルロス・ニーニョ(アモン・コンタクト:まだ27歳だというから驚き)率いるBuild an Arkは、何故かカメラマンも含まれる20人近くの大所帯バンド。伝説のブラック・ジャズ・レーベル、トライブのフィル・ラネリンも参加。リーダーが声をかけてここらへんの人たちが集った総決算お祭り的アルバムなのだろうなと勝手に思ってます。お祭りといっても決してアッパーなわけじゃないですけどね。オリジナルとファラオ・サンダース等のカバー曲が違和感なく並び、実に軽やかで暖かでオーガニック。音の組立て方は現代的なセンス。生楽器のアンサンブルがとっても気持ち良いです。中でも僕はRhodes(エレピ)とフルートの音色がお気に入り。この人たちはぜったいにラブでピースな人たちだと思う。ファラオをはじめとする、深遠なるスピリチュアル・ジャズの世界へと僕を誘う1枚になりそうです。

関連:〈もうひとつのジャズ〉の魅力 - bounce.com 特集


Build an Ark:
Carlos Nino(Produce)、Dwight Trible(Vo)、Phil Ranelin(tb)、Nate Morgan(Key)、Derf Reklaw(Dr&Per)、Damon Aaron(G)、B+(photo)、Aran Lightner(Dr&Per)、Lesa Terry(Vn)、Joshua Spiegelman(Bamboo Fl)、Peter Harris(Poetry)、Baba Alade(B)、Andres Renteria(Vo)、Trancey Hart(Vo)、Gaby Hernandez(Vo)、Bob Wisdom(Vo)、Mark & Miles Maxwell(Vo)、Debra Pill、James Richards(Produce)、Adam Rudolph(Per)

[Tracklist]
1 You've Gotta Have Freedom
2 Vibes From The Tribe
3 Conversations
4 "Precious, Priceless"
5 Love Is Our Nationality
6 Pure Imagination
7 Drumprovise (Interlude)
8 Japan (Interlude)
9 Peace With Every Step
10 Equipoise
11 Collective
12 Peace And Love
13 The Stars Are Singing Too (Interlude)
14 Nu Baya Roots
15 Village Soft
16 The Blessing Song
17 Guidance
18 Always There
19 Mother
20 You'v E Gotta Have Freedom


ブログ内リンク:Ammoncontact / One in an Infinity of Ways
        Dwight Trible & The Life Force Trio / Love Is the Answer

投稿者 山やま : February 22, 2005 | コメント (8) | トラックバック (3) | ▲page top

Los Hermanos / On Another Level

デトロイトという街には、なにか特別なマジックがあるのだろうか。
デリック・メイ、ホアン・アトキンス、ケヴィン・サンダ−ソンの御三家をはじめ、ムーディーマンやセオ・パリッシュなど、ミシガン州デトロイトのアーティストたちがつくり出す音はみな一様に(実際そんなに多くのアーティストを聴きこんだ訳ではないのですが)、躍動感とロマンティシズムに溢れている。ハウスが本来ソウルミュージックであることを思い起こさせてくれる、黒く太く獰猛なリズム。男のロマンや宇宙の旅を連想させる叙情的なメロディライン。「デトロイト・テクノ」の文字にはそれだけで人を魅了する何かがあるように思う。彼ら自身の音楽はもちろんのこと、彼らの事を紹介している文章でさえも、そこから「誇り」のようなものを感じる。

On Another Level
Los Hermanos


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
UR(アンダーグラウンド・レジスタンス)のメンバーであるDJロランド、ジェラルド・ミッチェルによるプロジェクト「ロス・ヘルマノス(スペイン語で「ブラザー」の意味)」の満を持してのリリースとなるファーストアルバム。URといえばデトロイト界隈では伝説のレーベル?ユニット?らしく名前はたびたび目にしていたのですが聴いたのはこれがはじめて。CDとしての音源が極端に少ないらしく今回のようなUR関連のCDリリース自体が事件らしいです。
さて、前置きがずいぶん長くなってしまいました。それはこのアルバムがあまりに素晴らしかったからです。「ブラザー」という名前にふさわしく、DJロランド、ジェラルド・ミッチェルを中心としつつもそれぞれ異なるバックグラウンドを持つ6人が集まりつくられた音楽は、ハウス・ミュージックの快楽性とともにロマンティシズムの要素が全て詰まった、魂から発せられる音楽。気持ちが高揚せずにはいられません。前置きを書かずにはいられない誇り高き音楽、それがデトロイト・テクノ。
関連:CISCO RECORDSによるアルバム紹介
デトロイトのアーティストが持つアイデンティティについて
About Los Hermanos (CISCO RECORDS)
デトロイト音楽、その魅惑のソウル(bounce.com)

投稿者 山やま : January 28, 2005 | コメント (7) | トラックバック (6) | ▲page top

State River Widening / Cottonhead

やった、やった、僕のイメージする「ポストロック」の音に相当近い音を出してくれるグループに出会えました。試聴して即購入。ロンドンの3人組だそうです(David SheppardとKeiron PhelanとJohn Steele)。3rdアルバムとなる本作はVertical Formというレーベルからのリリース。

Cottonhead
State River Widening


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕にとってのポストロックの要はドラム。マイス・パレードに代表される、ロックというよりもむしろジャズからの影響を感じさせる軽やかで自由なドラムが大好きなのです。打ち込みにはない気持ちよさです。で、このバンドですがまずドラムがタイトで気持ち良いです。そして上ものも過剰にうるさくなくアコギ、マリンバ、ヴィヴラフォン、オルガン、ストリングスなどの多彩な生楽器と隠し味程度のエレクトロニクスが心地よく鳴ります。ひとつひとつの音が優しい。そして奏でられるメロディがこれまたメランコリックでドリーミーなんだわ(女の子が好きそう)。う〜ん、かなり完ぺきに近い。ただ終始ドリーミーなので夢の世界に行ってしまいそうになるのね。僕としてはもう少しシャキっとしてくれると最高でした。Four TetやAlbum Leaf、Mum、Mice Paradeなんかが好きな方は是非ご一聴を。
関連:*こちらで試聴できます(warszawa)

投稿者 山やま : December 27, 2004 | コメント (152) | トラックバック (3) | ▲page top

Combo Piano / Ribbon

コンボ・ピアノこと渡辺琢磨の新作。前作「AGATHA」はラテン、ジャズを飲み込んだ現代音楽といった趣でしたが、今回はもっとずっとシンプルで聴きやすい作品です。ピアノとストリングス、それとちょっとのエレクトロニカ。この人らしい繊細で美しいピアノの音色はマイケル・ナイマンを彷佛とさせます。それからレイ・ハラカミのようなミニマルで静謐なサウンドプロダクション。上記二人やハーバートあたりが好きな方は是非御一聴を。2曲目の外山明のドラムもいいです。
あ、ひとつだけ不満をあげるとすると収録時間が短いことかな。でも短いから気軽に聴けるってのもあって、しばらくヘビーローテーションになりそう。

Ribbon
Combo Piano


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(EastWorksEntertainment inc.)
ブログ内リンク:COMBO PIANO / ANOTHER RUMOR
        COMBO PIANO / AGATHA
        sighboat / sighboat

投稿者 山やま : November 28, 2004 | コメント (11) | トラックバック (1) | ▲page top
 1 |  2 | All pages
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661