Alternative :


UA / Golden Green

ここ数年で見せた孤高の音楽性を経て、再びポップ・フィールドに帰還したUA。もうこれは自明な事なんだけれども、ポップな“うたをうたう”UAというものを待ち望んでいた人は多いはず。デビュー時から聴いていたファンにとって、近作での大きな音楽的変化にはついていけない部分もかなりあったと思う。

Golden greenGolden green
UA


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かくいうわたしも、デビューアルバム『11』が本当に大好きで何度も聴いていたわけで。では『泥棒』以降の展開についていけなかったかというと、まあ僕も割と変態なので、“らしい”なあと肯定的な見方をしていたのですが。エレクトロニカやフリージャズへ接近していく中で、比類なき声はどんどん神がかっていき名実共に孤高のアーティストというに相応しい存在に。アーティスティックな感性に基づいた活動および作品は、素晴らしいものでした。と同時に、音楽のもうひとつの側面である大衆性が欠如していったのも事実。ジャズとUAの饗宴的ライブ盤『la』では圧倒的な存在感に失禁しそうになるほど素直にすごい!と思いましたが、何度も聴き込むかというとそうではないんですよね。それは例えば僕は岡本太郎の精神性が好きなのですが、太郎の絵を日常的に飾っておきたいかというとそれはまた別で。たまに美術館などで触れる事によって、感性を呼び覚ましてくれるものなんです。だからいいんですね。先述のライブ盤なんか特にそうで、その一瞬限りしかないという現場の空気を感じられる生のライブに勝るものはないわけですが、CDでも少しだけでもその空気を味わえる最初に聴いた時の感激が大事で、何回も繰り返し聴くようなものではないのだと思うのです。

で、本作の話に戻りますと、これは繰り返し聴ける作品になっている。ポップ・フィールドへの帰還とはつまりそういうことで。ただ帰還とは言っても、音楽的変遷を通過したあとのものであるから以前とは深みが違います。ポップ・フィールドの中だからこそ、その特異性がかえって際立っているわけです。そんな中でも両A面シングルとしてリリースされた2曲が特にいいと思います。ずいぶんと余裕が生まれたという感じで、リラックスして音楽をつくっているなあと。抑えた感じのトーンでうたうUAはほんとうにいいですね。

と、試聴での感想でした。実際には僕は購入はしていなくて、聴き込むには至らないだろうなと思ったからで、それは個人的な嗜好の変化なんですが、ビョークもそうなんですが“強いボーカル”を聴くだけの体力がなくなってしまったようで。トシですね。数年前だったら喜んで聴いていたと思うんですが。

ブログ内リンク:UA / Breathe
       UA / Nephews
       UA / la
       UA / AMETORA
       UA / 11

投稿者 山やま : July 27, 2007 | コメント (2) | トラックバック (0) | ▲page top

Leon Russell / Carney

レオン・ラッセル最大のヒット作『カーニー』72年リリース。気色の悪いジャケットですが、中身は極上のオルタナ・ポップ。私はイントロのピアノの音色だけで確信しました。とってもポップなんだけど、ポップよりもオルタナティブを強く感じさせる何かがあるのです。

CarneyCarney
Leon Russell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翌年カーペンターズがカバーした「マスカレード」も収録。

投稿者 山やま : March 30, 2007 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

KILLER BONG / MOSCOW DUB

マソ山さん主宰のecrn award 2006にて、めでたく総合1位を獲得した1枚。日本のアンダーグラウンド・シーンからこんなに刺激的な物が出ていたとは全く知りませんでした。ヒジョーに素晴らしいと思います。フガフガ。

ねっとりとしたダブのリズムに絡み付くフリージャズの狂騒。そのイカれた音は、ひとつのカタマリとなって脳天を直撃する。ドスが効いてるのよね。ドス、ドス、ってね。

MoscowDubMoscowDub
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

KILLER BONG(キラーボング)とはいったい何者なのか。K-BOMB、LORDPUFF、PLANTASIAなど数々の名義を持つらしいが、どれも全く知らん。さすがアンダーグラウンドである。しかしこのアルバムを聞く限り、ただ者ではなさそうだ。ちなみにアートワークも手がけるらしく、特設サイトにて閲覧出来る平面コラージュ作品は、ひと昔前にありがちであった作風ではあるけれども、やはり僕はこういうの好きだ。若さもあって、創作衝動に溢れてるよね。

そもそもダブってジャンル自体がそうなのかもしれないけれども、コラージュの感覚なのですね。で、このアルバムの気持ち良さっていうのは、コラージュの仕方に迷いが無いっていうね。ここを切り取って、ここに貼っつけて、って考える前に、感覚でやっちゃう。そういう思い切りの良さが出てると思う。コラージュ作品を見て、僕はそう思いました。

関連:試聴(CISCO RECORDS)試聴(DISC UNION)
   特設サイト(試聴・本の紹介も)

こちらがコラージュ本。インド滞在中に作ったものだとか。
BLACK BOOKBLACK BOOK
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : February 01, 2007 | コメント (5) | トラックバック (4) | ▲page top

Tokyo No.1 Soul Set / Jr.

この頃のソウルセットがいちばんトンでた気がする。
ハジけ具合や楽しさはサンプリングセンスの冴えるファースト『TRIPLE BARREL 』が圧倒的だし、完成度はこの後の作品群に譲るとして、しかし本作『Jr.』からは他のどのアルバムにも無いオンリーワンな空気を感じる事が出来る。96年のリリース当時はもちろん10年を経た今でも、これは何と形容したらいいのかよくわからない音楽だ。

Jr.Jr.
Tokyo No.1 Soul Set


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ内リンク: TOKYO NO.1 SOULSET / OUTSET

投稿者 山やま : November 11, 2006 | コメント (4) | トラックバック (0) | ▲page top

Yuka Honda / Memories Are My Only Witness

本田ゆか(元CIBO MATT)02年リリースのソロ・アルバム。CIBO MATT時代において、ジャパニーズ・ガールズ・パンクであった1stアルバムから音楽性の幅をグっと広げた2ndアルバムへの変化も大きなものでしだが、このソロもまた飛躍的に進化しています。

yuka hondaMemories Are My Only Witness
Yuka Honda


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : July 28, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Arthur Russell / The World of Arthur Russell

チェロ奏者でありプロデューサーでもあったアーサー・ラッセル(51-92)。ジョン・ケージ等の現代音楽家とも交流があり、後にディスコに走るというオルタナティブなお方。残念ながら92年にエイズにより他界。ほとんどの曲を12インチで出していたため、オリジナル・アルバムは1枚しか存在せず、長らく日の目を見なかったのですが、没後10年を経た近年になって再評価の高まりを見せ、04年にsoul jazz recordsよりベスト盤的な本作がリリースされました。

The World of Arthur RussellThe World of Arthur Russell
Arthur Russell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こりゃぁ「変態デスコ」です。ですですですでででーす。ですこです。
ですですでですこででえ でで で すす で  で す ぇこす。
フザけてますか?フザけてないですよ。ですこです。
ブログ内リンク:Arthur Russell / Calling Out of Context

投稿者 山やま : July 20, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Exit Music:Songs With Radio Heads

レディオヘッドのカバー/トリビュート盤。おほほ、彼らもカバーされちゃうくらいのバンドになったのねぇ、なんて感慨深げでいたらば。おいおい。Matthew Herbert。Meshell Ndegeocello。Cinematic Orchestra。SA-RA。って何だよ。
いわゆる「ロックバンド」は皆無で、クラブ系のアーティストばかりなんだもの。そりゃアタシだってびっくりしちゃうわよ。いったいどうなっちゃうのかしらドキドキ。

Exit Music: Songs With Radio HeadsExit Music: Songs With Radio Heads
Radiohead


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

と。聴いてみた。
意外にも『ベンズ』からの曲が多い。僕にとって、当時聴きまくりずぶずぶハマったアルバムなので、ダメだ。このカバーを冷静に聴く事ができない。意外性のあるリミックスは殆ど無く、ほぼ原曲を忠実にカバーしているものが多い。なのに、まるで違う。レディオヘッドじゃない。まるで違う。軽い。フュージョン?
今作を聴いて、再認識した。レディオヘッドがレディオヘッドであるのは、彼らが持っていた“鬱”な空気であったのだと。他ならヌ、彼らが持つその強力な磁場ゆえに、レディオヘッドは唯一無二のロックバンドであるのだと。ああ、そして僕はレディオヘッドが好きなのだなぁと。
関連:試聴

投稿者 山やま : April 16, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Arthur Russell / Calling Out of Context

チェロ奏者でありプロデューサーでもあったアーサー・ラッセル(51-92)。ジョン・ケージ等の現代音楽家とも交流があり、後にディスコに走るという実にオルタナティブなお方。残念ながら92年にエイズにより他界。ほとんどの曲を12インチで出していたため、オリジナル・アルバムは1枚しか存在せず、長らく日の目を見なかったのですが、没後10年を経た近年になって再評価の高まりを見せ、04年に未発表音源集である本作がリリースされました。

Calling Out of ContextCalling Out of Context
Arthur Russell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ベスト盤的な「The World of Arthur Russell」で聴く事の出来る変態ディスコもなかなかのものですが、ダンス・ミュージックのフォーマットからも逸脱した本作は、より幽玄で中毒性があります。どこかニュー・オーダーを彷佛とさせる、この人のボーカルいいですねぇ。
関連:アーサー・ラッセルについて(文化デリックのPOP寄席)
ブログ内リンク:Arthur Russell / The World of Arthur Russell

投稿者 山やま : February 02, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Lindstrom & Prins Thomas / Lindstrom & Prins Thomas

ノルウェー発エレクトリック・ディスコ・ダブ・ユニット、Lindstrom & Prins Thomasの初となるフルアルバム。一昨年ほど前から既にEPやリミックスでかなりの人気を集めており、まさに待望のアルバムという事だそうです。で前評判通りに、えらい絶賛されていますね〜。ディスコ・ダブって言う割にはダウンテンポな曲が多くて、僕はもっとハウスっぽいのを期待してたんだけど、まぁこれはこれで。同郷のロイクソップもそうですが、北欧ミュージシャンの方はこういうノスタルジックな雰囲気をお持ちですねぇ。お国柄なのかしら。

Lindstrom and Prins Thomas
Lindstrom & Prins Thomas


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : January 21, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top
 1 |  2 |  3 | All pages
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661