Dub :


KILLER BONG / MOSCOW DUB

マソ山さん主宰のecrn award 2006にて、めでたく総合1位を獲得した1枚。日本のアンダーグラウンド・シーンからこんなに刺激的な物が出ていたとは全く知りませんでした。ヒジョーに素晴らしいと思います。フガフガ。

ねっとりとしたダブのリズムに絡み付くフリージャズの狂騒。そのイカれた音は、ひとつのカタマリとなって脳天を直撃する。ドスが効いてるのよね。ドス、ドス、ってね。

MoscowDubMoscowDub
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

KILLER BONG(キラーボング)とはいったい何者なのか。K-BOMB、LORDPUFF、PLANTASIAなど数々の名義を持つらしいが、どれも全く知らん。さすがアンダーグラウンドである。しかしこのアルバムを聞く限り、ただ者ではなさそうだ。ちなみにアートワークも手がけるらしく、特設サイトにて閲覧出来る平面コラージュ作品は、ひと昔前にありがちであった作風ではあるけれども、やはり僕はこういうの好きだ。若さもあって、創作衝動に溢れてるよね。

そもそもダブってジャンル自体がそうなのかもしれないけれども、コラージュの感覚なのですね。で、このアルバムの気持ち良さっていうのは、コラージュの仕方に迷いが無いっていうね。ここを切り取って、ここに貼っつけて、って考える前に、感覚でやっちゃう。そういう思い切りの良さが出てると思う。コラージュ作品を見て、僕はそう思いました。

関連:試聴(CISCO RECORDS)試聴(DISC UNION)
   特設サイト(試聴・本の紹介も)

こちらがコラージュ本。インド滞在中に作ったものだとか。
BLACK BOOKBLACK BOOK
KILLER BONG


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : February 01, 2007 | コメント (5) | トラックバック (4) | ▲page top

藤原ヒロシ / HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE

[ Ambient / Dub ]

昨年10年ぶりのソロ「Classic Dub Classics」をリリースした藤原ヒロシですが、これは95年発表のセカンド・アルバム。ダブ的に音響処理された空間の中でピアノ、ストリングスが静かに音色を紡ぐ。静謐でメロディアスなアンビエント作品。クラシックの要素を感じさせながらも非常に取っつきやすく、且つウワついていない。お家で上質な時を過ごすお供に重宝しそうです。

HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCEHIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE
藤原ヒロシ、朝本浩文


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

藤原ヒロシといえばUAや小泉今日子などに楽曲を提供するプロデューサーとして割と名前を目にすることはあったのですが、このような素晴らしいソロ作があったとは知りませんでした。それからひょっとしたらこちらの方が有名なのかもしれませんが、裏原宿のカリスマと呼ばれるほどファッションの分野でも名を馳せているそうです。まさにマルチな才能。というかセンス。
ブログ内リンク:Hiroshi Fujiwara / Classic Dub Classics

投稿者 山やま : September 06, 2006 | コメント (2) | トラックバック (4) | ▲page top

Arthur Russell / The World of Arthur Russell

チェロ奏者でありプロデューサーでもあったアーサー・ラッセル(51-92)。ジョン・ケージ等の現代音楽家とも交流があり、後にディスコに走るというオルタナティブなお方。残念ながら92年にエイズにより他界。ほとんどの曲を12インチで出していたため、オリジナル・アルバムは1枚しか存在せず、長らく日の目を見なかったのですが、没後10年を経た近年になって再評価の高まりを見せ、04年にsoul jazz recordsよりベスト盤的な本作がリリースされました。

The World of Arthur RussellThe World of Arthur Russell
Arthur Russell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こりゃぁ「変態デスコ」です。ですですですでででーす。ですこです。
ですですでですこででえ でで で すす で  で す ぇこす。
フザけてますか?フザけてないですよ。ですこです。
ブログ内リンク:Arthur Russell / Calling Out of Context

投稿者 山やま : July 20, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Stromba / Tales from the Sitting Room

James DylerとTom Tyler(知らない人たちだけどメモとしてコピペ…)の英国発ユニット、Strombaのデビューアルバム。FatCatという、話題のレーベル(これも知らないけどコピペ)からのリリースだそうです。マソ山さんが年間ベストに選ぶほど絶賛していたので買ってみた。

Tales from the Sitting RoomTales from the Sitting Room
Stromba


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はじめて聴いたときは雑多な印象でいまいちピンと来ず、暫くほうっておいた。売る前にもう一回だけ聴いておこうと思い耳を傾けた。なんだなんだ、こんな聴けば聴くほどに味の出そうなアルバムを売ろうなどとは、すみません僕の耳は節穴でした。
ジャズ的なポストロックをお探しの方にはおすすめ。サックス、タブラ、メロディカ、ギター、パーカッション、トロンボーン、バイオリンなどの多彩な生音によるスリリングな演奏が楽しめます。やたらとポップになってしまったマイス・パレードやフォー・テットあたりよりも断然おもしろいと思います。
関連:試聴(FatCat Records)

投稿者 山やま : January 24, 2006 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

Lindstrom & Prins Thomas / Lindstrom & Prins Thomas

ノルウェー発エレクトリック・ディスコ・ダブ・ユニット、Lindstrom & Prins Thomasの初となるフルアルバム。一昨年ほど前から既にEPやリミックスでかなりの人気を集めており、まさに待望のアルバムという事だそうです。で前評判通りに、えらい絶賛されていますね〜。ディスコ・ダブって言う割にはダウンテンポな曲が多くて、僕はもっとハウスっぽいのを期待してたんだけど、まぁこれはこれで。同郷のロイクソップもそうですが、北欧ミュージシャンの方はこういうノスタルジックな雰囲気をお持ちですねぇ。お国柄なのかしら。

Lindstrom and Prins Thomas
Lindstrom & Prins Thomas


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連:試聴(CISCO RECORDS)

投稿者 山やま : January 21, 2006 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

Primal Scream / The Big Man and the Scream Team Meet the Barmy Army Uptown

[ Dub / Rock ]

イングランドで開催されたサッカー欧州選手権ユーロ96のために書き下ろされたアルバム未収録のシングル。御大 On-U-Sound(エイドリアン・シャーウッド)と組みダブに接近したサウンドは、次作『バニシング・ポイント』への予兆を感じさせるトガったもの。僕は当時こんな音を聴いた事がなかったので、衝撃的でアホみたいに聴いてたのを覚えています。プライマル最高!と思ってました。
しかしこれサッカー向けか?(笑)こんなBGMが似合うのはかなりの酔いどれチームだよ。と思ったら、「過激な内容のこの曲は即座に放送禁止になり、UEFA(ヨーロッパ・サッカー協会連合)も発売を禁止した。」ですって。ぷぷ。

The Big Man and the Scream Team Meet the Barmy Army Uptown
Primal Scream Irvine Welsh On-U-Sound

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
参考:History of Primal Scream(ロックで社会問題を考える会)

投稿者 山やま : February 18, 2005 | コメント (0) | トラックバック (0) | ▲page top

フィッシュマンズ / Aloha Polydor

[ Dub / Pops ]

フィッシュマンズ、ポリドール時代(後期)のベスト。残念ながら僕はリアルタイムで聴いてはいなかったんだけど、多くの人がいまだ愛してやまないってのもわかる。ダブをポップに昇華したサウンドは独創的で普遍的。でもこのバンドを伝説的にしたのは、あまりにも美しく切ないメロディと消え入ってしまいそうな佐藤伸治のボーカルのセンチメンタリティだと思う。少年少女に戻って、詩を書きたくなるような(書けないけどね)。まさに唯一無二の存在。

Aloha Polydor
フィッシュマンズ 佐藤伸治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : November 11, 2004 | コメント (0) | トラックバック (1) | ▲page top

砂原良徳 / LOVEBEAT

電気グルーヴ脱退後のソロ作。まりんのソロはどうもオシャレ系というイメージがあって手が伸びなかったんだけど、これは会心の出来。全編ダウンテンポなビートに包まれる至福の音空間。

LOVEBEAT.jpgLOVEBEAT
砂原良徳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 山やま : November 11, 2004 | コメント (1) | トラックバック (0) | ▲page top
AmazonStore
by amanatu

Categories








Powered by
Movable Type 2.661